« 映画ドラえもん「のび太と恐竜2006」 | トップページ | DOMINO(ドミノ) »

2006年5月 2日 (火)

Vフォー・ヴェンデッタ

V ウォシャウスキー兄弟の監督製作。アメコミベースだがナチスドイツの独裁政治へ対する思想も取り入れてあり、とかくヒーロー(主人公)の悲運な生い立ちとか、超能力を手に入れるプロセスがストーリーの主軸となる作品が目立つ昨今、感情移入のできる作品だった。どうしても「マトリックス」と比較してしまう・・・続編的な捉え方もしてしまうが、実は脚本はソレよりも前に書いていたとの事、今後の作品が楽しみです。ナタリーポートマンも素晴らしい。彼女を発掘したリュックベンソンの眼力はすごい。スキンヘッドになった後の彼女の演技、特に表情が豊かだった瞳に力のある女優だなって感じましたルーカスもきっと同じ思いなんでしょうね(^^) 続編を意識させない終わり方もよかった。万人受けを狙わないこびていない作風が好きです。

|

« 映画ドラえもん「のび太と恐竜2006」 | トップページ | DOMINO(ドミノ) »

コメント

こんにちは、jamsession123goです。
この映画は、ちょっと???でしたね。
最後に、謎解きしてオチを付けて欲しかった。
まるで、エヴァンゲリオンみたいに、膨らませるだけ膨らませて、自分一人で終わっちゃったような感じがしました。

投稿: jamsession123go | 2006年8月 3日 (木) 15時55分

こんにちは♪
TBありがとうございました。
テロと革命の線引きが難しいなと思ったり、動かされやすい民衆の心を思ったり、あの後の世界はどうなるのか心配になったり、いろいろ考えることが出来る映画でした。

投稿: ミチ | 2006年7月25日 (火) 22時07分

はじめまして┌|∵|┘
うちのblogにtbとコメントありがとうございました~☆

>ナタリーポートマンも素晴らしい。
俺もそう思います。
この映画は彼女と「V」の交流でひろがっていく映画だと思います。その点ですごくいいです。

>万人受けを狙わないこびていない作風が好きです。
うん、カッコいいですよね┌|∵|┘潔いです!

投稿: dk | 2006年5月 2日 (火) 19時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/33907/1643968

この記事へのトラックバック一覧です: Vフォー・ヴェンデッタ:

» V フォー・ヴェンデッタ [映画通の部屋]
「V フォー・ヴェンデッタ」 V FOR VENDETTA/製作:2005年、ア [続きを読む]

受信: 2006年5月 2日 (火) 01時22分

» 劇場鑑賞「Vフォー・ヴェンデッタ」 [日々“是”精進!]
「Vフォー・ヴェンデッタ」を鑑賞してきました「マトリックス」3部作のウォシャウスキー兄弟の製作&脚本によるダーク・ファンタジー。英国の同名劇画を原作に近未来の破壊活動家のドラマが展開する。ストーリーは・・・第3次世界大戦後、ファシズム国家となった英国。...... [続きを読む]

受信: 2006年5月 2日 (火) 04時41分

» フォー・ヴェンデッタ [まったりでいこう〜]
自分の中で期待が大きかったせいか、見終わった後少し肩すかしを食らった感じです。おもしろいにはおもしろかったのですが、手放しで楽しめるといったふうではないかもしれません。 あのいかにも胡散臭い仮面男Vはよかったですね〜。奇妙奇天烈で。おまけにちょっとしたお笑いもできる?(笑)最初のほうで花火がドンパチと上がり、夜空にVの字が読めたときにはぷぷっと吹き出してしまいました。その後も甲冑の人形?相手に�... [続きを読む]

受信: 2006年5月 2日 (火) 07時52分

» Vフォー・ヴェンデッタ [映画鑑賞★日記・・・]
公開:2006/04/22 監督:ジェームズ・マクティーグ製作: ジョエル・シルヴァー、アンディ・ウォシャウスキー、ラリー・ウォシャウスキー、グラント・ヒル 出演:ナタリー・ポートマン    ヒューゴ・ウィーヴィング 近未来のイギリス。そこは独裁者アダム・サトラー....... [続きを読む]

受信: 2006年5月 2日 (火) 09時08分

» V フォー・ヴェンデッタ [悠雅的生活]
黒いマント、赤い薔薇、仮面の男 [続きを読む]

受信: 2006年5月 2日 (火) 10時26分

» Vフォー・ヴェンデッタ [Pocket Warmer]
邦題:V フォー・ヴェンデッタ 原題:V for Vendetta 監督:ジェ [続きを読む]

受信: 2006年5月 2日 (火) 10時47分

» 映画館「Vフォー・ヴェンデッタ」 [☆ 163の映画の感想 ☆]
予告で観ていた印象と結構違う感じがしました。 なんといっても、仮面の男”V”がもっとアメコミヒーローちっくなのかなって思ったらそうでもなかった。でも、あの仮面を使って、おふざけにならなかったのは凄いねぇ。 なんだか、イヴィーとVの関係が「オペラ座の怪...... [続きを読む]

受信: 2006年5月 2日 (火) 11時13分

» Vフォー・ヴェンデッタ [Alice in Wonderland]
今年45本目の映画鑑賞です。 マトリックスのスタッフが再びということでかなりの期待をしていたのですが・・・ 『V』って一体何者なの?これはどういう時代背景なのって???がいっぱい頭に浮かんでいるうちに完全に映画から取り残されてしまいました。面白くなかっ...... [続きを読む]

受信: 2006年5月 2日 (火) 15時42分

» 「Vフォー・ヴェンデッタ」79点。 [mountain77 D.Reverse side]
「Vフォー・ヴェンデッタ」hp ナタリーが早々に来日してプロモーションしていた本作。 見る前からボルテージが上がっていた。 謎のテロリスト"V"の皮肉と憎しみに満ちた感じや、国民を扇動する政治指導者。 過激な内容で全米公開が延期になったのが納得の、予想以上....... [続きを読む]

受信: 2006年5月 2日 (火) 19時56分

» V・フォー・ヴェンデッタ [5125年映画の旅]
『マトリックス』を生み出したクリエイターが集まって作り上げた新たな衝撃。僕は韓国アクション『タイフーン』の感想で「主人公はテロリスト。ハリウッドじゃ絶対に真似できない設定」なんて浅はかな事言ってましたが、まさかハリウッドからこんなに早く、ここまで過激な...... [続きを読む]

受信: 2006年5月 3日 (水) 07時54分

» V フォー・ヴェンデッタ [とにかく、映画好きなもので。]
     かなり、異色というか、風変わりな作品でした。  しかし・・・かなり面白かった。映画としての完成度も抜群に良いのではないでしょうか。  観る方によって、色々と考えさせられる映画ですね。  物語は、独裁国家として描かれる未来のイギ....... [続きを読む]

受信: 2006年5月 3日 (水) 17時56分

» 『Vフォー・ヴェンデッタ』 [映像と音は言葉にできないけれど]
世間一般の評判のとおり、9.11テロおよび英国や日本の地下鉄テロ、ホロコースト、ベルリンの壁崩壊などいろいろな社会情勢のエッセンスを織り込んだ映画になっており、特に近年のイラク情勢に対する反米の思想が色濃く出ています。... [続きを読む]

受信: 2006年5月 4日 (木) 18時51分

» Vフォー・ヴェンデッタ 06年85本目 [猫姫じゃ]
Vフォー・ヴェンデッタ 上の歯で下唇を軽くかんで、、、ヴィ、、、 あたしと、チャイコフスキーの大序曲「1812年」との出会いは、今をさかのぼることン十数年前、10才くらいの頃のお話。あたしの母方親族って、音楽好きな人が多くって、その一人、オーディオマ...... [続きを読む]

受信: 2006年5月 4日 (木) 19時11分

» Vフォーヴェンデッタ [シネマ日記]
「人民が政府を恐れるのではない。政府が人民を恐れるべきなのだ」おお、かっこえぇー。なんかよう分からんけど、もう一回見たくなる映画それが率直な感想であります。よう分からんとかいうほど、話はややこしくないんですけどね。陰謀の内容とかも別になんも珍しいもんではない。政府vs人民という構図も対して珍しくはないし、政治色と言っても空想部分が大きいがためにそこまで現実味を帯びてこない。そ... [続きを読む]

受信: 2006年5月 5日 (金) 18時55分

» Vフォー・ヴェンデッタ [Akira's VOICE]
革命は一日にして成らず。 されど,変化は一日で実る! [続きを読む]

受信: 2006年5月 8日 (月) 18時42分

» Vフォー・ヴェンデッタ 〜警察国家の怖さとポートマンの迫真の演技 [シカゴ発 映画の精神医学]
見終わった後、具合が悪くなる映画が多い。 「ミュンヘン」「クラッシュ」そして、この「Vフォー・ヴェンデッタ」もそうだ。 「具合が悪くなる」というのは、悪い意味ではない。むしろ賛辞である。人間のどす黒い部分。「悪」であるとか、「暴力」であるとか。そうした、人間の持つネガティブな部分、ダークな部分を正面から、そしてしっかりと描いた映画を見ると、「具合が悪くなる」のも当然である。... [続きを読む]

受信: 2006年5月10日 (水) 12時47分

» ■〔映画鑑賞メモVol.10〕『Vフォー・ヴェンデッタ』(2005/ジェームズ・マクティーグ) [太陽がくれた季節]
こんにちは、ダーリン/Oh-Wellです。 さて、昨日(4/23)のエントリーで触れました、当夜に於ける映画鑑賞ですが、 結局、新宿に於いて、『Vフォー・ヴェンデッタ(2005/ジェームズ・マクティーグ)』〔◆IMDb◆Movie Walker〕の鑑賞と相為りました。 件のエントリーでは、まさしく今週末(4/29・土)から興行的な本番となる、所謂「G・W公開映画」ついても多少触れた訳ですが、 その「G・W公開映画」鑑賞一発目が、図らずも、本作と相為った訳でもあります。^^ *** ... [続きを読む]

受信: 2006年5月14日 (日) 01時48分

» Vフォー・ベンデッタ [カリスマ映画論]
                                                    【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  人々よ、゛V゛の意志に集え!  [続きを読む]

受信: 2006年5月14日 (日) 21時20分

» Vフォー・ヴェンデッタ 見てきました。 [よしなしごと]
 今回は私の好きなナタリー・ポートマンが出ていると言うことでVフォー・ヴェンデッタを見てきました。 [続きを読む]

受信: 2006年5月21日 (日) 14時18分

» Vフォー・ヴェンデッタ [スリーエム。]
有り得ない。けど、有り得なくもないお話。 コピーですがストーリー↓ 人民が政府を恐れるのではない 政府が人民を恐れるのだ 1605年11月5日、フォークスは大量の火薬とともに貴族院の地下に潜んでいるところを捕らえられた。 拷問を受けたフォークスは、国... [続きを読む]

受信: 2006年5月31日 (水) 15時04分

» 『Vフォー・ヴェンデッタ / V FOR VENDETTA』 ☆今年49本目☆ [honu☆のつぶやき 〜映画に恋して〜]
アラン・ムーアとデヴィッド・ロイドによって80年代に発表されたコミックをベースに、ウォシャウスキー兄弟が脚本化したサスペンス・アクション。 科学実験で突然変異し、同じ実験で死んでいってしまった人達の復讐とファシズム政治に抑圧されている民衆達を救うために戦う...... [続きを読む]

受信: 2006年6月17日 (土) 14時43分

» 『V フォー・ヴェンデッタ』 [ネタばれ禁止な日々]
『V フォー・ヴェンデッタ』   2006年の映画館で観た映画:13本目   映画を観た日:2006年5月27日(土)  丸の内TOEI(2)での上映が終わりそうだったので、慌てて観に行った。有楽町に映画を観に行... [続きを読む]

受信: 2006年6月25日 (日) 06時11分

» 『V・フォー・ヴェンデッタ』★★★★★★★★☆(8.5点) [ginpeichanの映画日記。]
『マトリックス』シリーズのウォシャウスキー兄弟の脚本・製作による、 近未来SFアクションサスペンス、『V・フォー・ヴェンデッタ』! ファシズム政権下のイギリスにひとりテロを仕掛ける謎の仮面の男・V(ヴイ)と、 Vと出会い、革命に目覚めていくヒロインの繰り広げた革命の物語。 圧政下のイギリスで、それにひとり闘いを仕掛けるVですが、 劇中終始一貫して仮面を着けたまま、しかし、その存在感たるや見事! 演じたのは、『マトリックス』シリーズの影の主人公・エージェント・スミスを演じ、 『ROTR』... [続きを読む]

受信: 2006年6月26日 (月) 16時11分

» Vフォー・ヴェンデッタ(06・米) [no movie no life]
ヴは「あ行」なのか「は行」なのか?と迷ったが「ヴァージン・スーサイズ」を「は行」にしてたので、とりあえずそっちに入れておく。?最終日の最終回に見てきました・・・滑り込みセーフと言ったところですね。近未来のイギリス、アメリカ合衆国は植民地と化し、イギリスには独裁... [続きを読む]

受信: 2006年6月26日 (月) 21時53分

» V For Vendetta [Tokyo Bay Side]
『Vフォー・ヴェンデッタ』 ナタリー・ポートマンの坊主頭が印象的なこの映画は、『マトリックス』の製作チームが再結集して生まれた作品です。最初この映画はナタリー・ポートマン演じるイヴィーと、仮面の男Vのバトルアクションだと思って観ていました。しかし待てど暮らせどそのようなシーンは一切なくむしろお互い最後は惹かれ合うという結末。政治色が強く、想像していた話と違ったので何とも評価し難いです。 [:URL:] 『Vフォー・ヴェンデッタ』... [続きを読む]

受信: 2006年7月20日 (木) 23時40分

» 映画「V フォー・ヴェンデッタ」 [ミチの雑記帳]
映画館にて「V フォー・ヴェンデッタ」 第3次世界大戦後のイギリスを舞台に、孤高のテロリスト“V”が国家に立ち向かう政治色の強い近未来映画。 エンターテインメント性が高く、かついろんな考えさせられる要素を含んでいるのでずーっとスクリーンに目が釘付けだった。 ずっと引っ張ってくれた要素はたくさんあるが、まずは、帽子・仮面・マントと全身を覆った“V”という人物への興味。彼は単なるテロリストなのか、それとも圧制の�... [続きを読む]

受信: 2006年7月25日 (火) 22時05分

» 「Vフォー・ヴェンデッタ」劇場にて 象徴としての仮面 [xina-shinのぷちシネマレビュー?]
先週の金曜日、ファボーレ東宝で行われた『Vフォー・ヴェンデッタ』の試写会に行ってきました。 [続きを読む]

受信: 2006年7月30日 (日) 10時17分

» Vフォー・ヴェンデッタ [まぁず、なにやってんだか]
久しぶりに水曜日が休日だったので、もう一本観たくなり選んだ映画が「Vフォー・ヴェンデッタ」です。「面白いかな?」と半信半疑だったんですが、とても面白く、大絶賛です。 難しいストーリーかと思いきや、わかりやすく、悪者はことごとく悪者として描かれています。この人は悪い人なのか味方なのか判断が難しい場合でも、それがわかっていく過程が面白いです。 映画予告ではイヴィー(ナタリー・ポートマン)が丸刈りにされるシーンが印象的ですが、丸刈りにされる前はブロンドでカールしていて、かわいいんです。 丸刈... [続きを読む]

受信: 2006年8月 1日 (火) 19時07分

» 映画のご紹介(127) Vフォー・ヴェンデッタ [ヒューマン=ブラック・ボックス]
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(127) Vフォー・ヴェンデッタ-Vは、全ての人々の 心の奥に住んでいる。 この映画を観る上で、知っておかなければならないことがいくつかある。 これからこの映画を観....... [続きを読む]

受信: 2006年8月 3日 (木) 15時56分

» Vフォー・ヴェンデッタ (V For Vendetta) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 ジェームズ・マクティーグ 主演 ナタリー・ポートマン 2005年 イギリス/ドイツ映画 132分 アクション 採点★★ あれ?この映画の舞台、近未来のイギリスってことになってるけど、メディア操作と自作自演めいた惨事で国民の恐怖を煽り、その恐怖を基に国民の忠誠心を強..... [続きを読む]

受信: 2006年9月10日 (日) 10時15分

» Vフォー・ヴェンデッタ [スーパーヅカン]
第3次世界大戦後のイギリスを舞台に、孤高のテロリスト“V”が国家に立ち向かう近未来スリラー。『マトリックス』のウォシャウスキー兄弟が製作と脚本を手掛ける。『マトリックス』のエージェント・スミスことヒューゴ・ウィービングが仮面をつけた謎の男“V”を演じ、“V”....... [続きを読む]

受信: 2006年9月13日 (水) 01時06分

» 映画鑑賞感想文『Vフォー・ヴェンデッタ』 [さるおの日刊ヨタばなし★スターメンバー]
さるおです。 『V FOR VENDETTA/Vフォー・ヴェンデッタ』を観たよ。 監督は『STAR WARS: EPISODE II - ATTACK OF THE CLONESスター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』『THE MATRIX RELOADED/マトリックス・リローデッド』のアシスタント・ディレクター、ジェームズ・..... [続きを読む]

受信: 2006年9月26日 (火) 04時15分

« 映画ドラえもん「のび太と恐竜2006」 | トップページ | DOMINO(ドミノ) »