« 2006年5月 | トップページ

2006年7月30日 (日)

カーズ

Cars ピクサー製作ジョンラセター監督 

どこまで進化するのだろう、もはやセル画も実写をも超越した域に達した芸術作品とでも表現すればよいのだろうか・・・

 ストップモーションアニメを観ているのかCGなのか、途中で区別がつかなくなってしまう。もはやCGという単語で線を引けない次元まで達しているアニメーションはとにもかくにも映画館でみるべきの絶品である。

親元のディズニーもフルCG作品を始めたが、意味があるのだろうか?

 とある世界ではよく車を人間にたとえ、自分の車に対する想いを愛する人に対する熱き想いと同じように表現をするものでした。 

個人的には「インクレディブル」がヒットだったのでストーリー的にはややおとなしめに感じたが全編を通しての見事な画に見とれて時間があっというまに過ぎてしまった。

| | コメント (1) | トラックバック (29)

2006年7月20日 (木)

SPIRIT<スピリット> 

Spirit ジェット:リー主演、本人曰く最後のマーシャルアーツ映画。

通常の6倍の速度での撮影が必要なほどに高速なアクションには絶句。

様々な武器を流麗に使いこなす最後の試合の場面はホントに必見です。特に三節棍(さんせつこん)での戦いはCG無しとは思えないほどの超高速で戦いが行われます。映画館とかプロジェクターなどの映写機で観ると残像がはげしくって観るのが大変そうデス。

中村獅童にはもっと活躍してほしかったけど、充分イイ役だったとおもいます。

個人的には英雄(HIRO)のジェットが一番好きです。最高の状態で退き際を選択したジェットリーを称えます。

| | コメント (8) | トラックバック (14)

2006年7月18日 (火)

ミッション:インポッシブル3

Mi4 JJエイブラムス監督トムクルーズ主演製作シリーズ三作目。

これでもかと強烈な体当たりアクションシーンの連続、ベルリン、ローマ、上海、バージニア州とめまぐるしく替わるステージ、誰が敵なのか分からなくなるスリリングなサスペンスと、最後まで目が離せない。

前二作と大きく違うのは最愛の妻の存在。守るべき存在ができて、弱点ができてしまう反面、いままでよりさらに男らしくなった「イーサンハント」を堪能することができます。

映像のテイストもmi1のブライアンデパルマやmi2のジョンウーとは全く違う、荒削りでスパルタンな新しい「スパイ大作戦」をたのしめます。

トム最高!

| | コメント (3) | トラックバック (62)

2006年7月17日 (月)

ポケモンレンジャーと蒼海の王子マナフィ

Pokemon 湯山邦彦監督:アニメ、ゲームでおなじみのポケモン映画最新作。

今回はニンテンドーDS用ゲームソフト「ポケモンレンジャー」とのリンクしたキャラクターが主人公のパーティーと共に伝説のポケモン「マナフィー」との冒険を繰り広げる。

ここ三作ほど劇場で観ているが、とにかく絵の造りに妥協が無く毎回驚かされる。CGも効果的にマシンや機械、幻想的な部分と使い分け、キャラクターにはセル画を使用しやわらかいタッチの描画を生かしていた。

ストーリーは良くも悪くも伝統的なポケモンのセオリーを周到しており期待をうらぎらないつくりになっている。

ゲーム「ポケモンレンジャー」でキャプチャーしたくなってしまう。任天堂の商売の上手さに脱帽。

| | コメント (5) | トラックバック (5)

« 2006年5月 | トップページ